<< 【レシピ】プルーンシフォンケー... 【まとめ】レシピのリクエスト一覧 >>

【イベントレポ】鎧塚シェフ×カリフォルニアプルーン協会 特別レッスン

d0098954_153838.jpg

先日、鎧塚シェフとカリフォルニアプルーン協会さんが主催したイベントにご招待いただき、
なんと、鎧塚シェフにお菓子作りを教わってきました!!素敵な機会をありがとうございました!
早速その様子をレポしたいと思います♪

場所は六本木ミッドタウンのABCクッキングスタジオ。
ミッドタウンには、鎧塚シェフのパティスリー「Toshi Yoroizuka」もありますもんね^^

そして同じテーブルでレッスンにご一緒させて頂いたのは、
料理家のヤミーさん、勇気凜りんさん、PAOさん、たけだかおる洋菓子研究室。のたけだ先生、
というスペシャルな方々!!
お料理のスペシャリストの皆様とご一緒できて大興奮でございました!


さて今回のテーマは”プルーン”を使った焼き菓子。
しかも、プルーンをピューレ状にしたものを”バターの代わりに使う”レシピも、ご紹介いただきましたよ^^


ひとつめのお菓子は、「ファーブルトン(far breton)」です。

d0098954_162799.jpg

ファーは”おかゆ”、ブルトンは、”フランスのブルターニュ地方”という意味です。
元々は家庭のお菓子だったファーブルトン。

材料を混ぜて焼くだけの簡単なお菓子ですが、鎧塚シェフの手にかかればこんなに美しいデザートに^^

もっちりした生地の中にはプルーンと、プルーンピューレが入っています。
プルーンは旨みがぎゅっと濃縮されていて、程よい酸味と甘味が美味しいカリフォルニアプルーン。


さてさて、鎧塚シェフのレシピを公開してもOKとのことでしたので、記載させていただきます。
皆様も良かったら作ってみてくださいね♪

材料  ココット4個
薄力粉  60g
グラニュー糖  46g
バニラペースト  適量
塩  0.5g
全卵  60g
生クリーム(45%)  132g
牛乳  158g
ラム酒  7g
プルーンピューレ  約30g
カリフォルニアプルーン(種抜き)  8粒

作り方
準備1)ココットにバターを塗り、グラニュー糖をつける。
準備2)プルーンピューレを作る。プルーン200gとぬるま湯90gをフードプロセッサーで攪拌してピュレ状にしておく。(ピュレの滑らかさは好みでOK。)そこから約30g使用する。
1)全卵に塩、生クリーム、牛乳を混ぜ合わせる。
2)薄力粉、グラニュー糖に①を少しずつ合わせ、バニラペーストを入れる。
3)ラム酒を入れる。
4)半割にした種抜きプルーンを型に敷き、生地を入れ、コルネに入れたプルーンピューレを絞り入れる。
※ココットの9分目まで入れるよう、ココットのサイズによって数は調整してください。
d0098954_16433367.jpg

5)180℃に予熱したオーブンで約45分焼く。
6)焼き上がったら型から出して逆さにし、仕上げに粉糖をふる。
d0098954_16463139.jpg

d0098954_16455541.jpg

外はカリッと、中はもっちり~~焼き上がりです~^^


d0098954_1648176.jpg

作業中にテーブルを回る鎧塚シェフ。
写真からも分かるように、とってもにこやかで優しい方でした^^

生地作りのポイントは、
「粉と液体を混ぜるとき、ボウルの中の粉を”フォンテーヌ状(泉状)”にしておき、中央から混ぜること」
と教えてくださいました。

フォンテーヌ状とは、真ん中をくぼませた形のこと。
えーっと、もんじゃ焼きを作るときにキャベツで作る”土手”みたいな形です。
そして中央に液体を注ぎ入れつつ、泡立て器で少しずつ土手を崩すように混ぜていきます^^

そうするとダマにならずに、混ざるんです^^

勉強になります。


さてさて、2品目のお菓子のご紹介に参りましょう。

d0098954_16515168.jpg

こちらは「プルーンマドレーヌ(madeleines aux pruneaux)」です。

バターの代わりに、プルーンピューレを使っているので、
もっちりした食感と素朴な甘さが特徴です。

こちらもレシピを記載させていただきますね^^

材料 約10個分
グラニュー糖  60g
薄力粉  75g
ベーキングパウダー  1.7g
アーモンドプードル  15g
全卵  60g
卵黄  15g
はちみつ  15g
プルーンピューレ  50g
くるみ  適量

作り方
準備1)シリコン型にバターを塗り、強力粉をはたく。
準備2)プルーンピューレを作る。プルーン200gとぬるま湯90gをフードプロセッサーで攪拌してピュレ状にしておく。(ピュレの滑らかさは好みでOK。)そこから50g使用する。
1)ボウルに全卵、卵黄、蜂蜜を入れ湯煎で人肌に温める。
2)グラニュー糖を入れ混ぜる。
3)ふるった薄力粉、ベーキングパウダー、アーモンドプードルを入れる。
4)プルーンピューレを入れる。
5)生地を絞り袋に入れ型に絞り、胡桃を散らして、160に予熱したオーブンで約15~20分焼く。
d0098954_16581840.jpg

d0098954_16582586.jpg


d0098954_16585766.jpg

は~い、ふっくらと焼き上がりました♪

このシリコン型は鎧塚シェフのオリジナルで、アーモンドの形なんですよ。
可愛いですよね!

しかも今回、このシリコン型とココットをプレゼントして頂いちゃいました!!
シェフ太っ腹!!ありがとうございました^^


d0098954_17139100.jpg


どちらのお菓子もとっても優しい味わいで、美味しかったです♪
お菓子って作り手の人柄や愛情が表れるなぁと改めて思いました。

このシェフのお人柄に、この味あり!という感じが致しました。


プルーンマドレーヌは、「Toshi Yoroizuka」で販売も開始されたようですので、
気になる方はぜひお店にも行ってみてくださいね。


さてさて、すっかりプルーンの美味しさに虜になってしまったので、
プルーンのお菓子を作りましたよ♪

次回の記事でご紹介しますね~~^^


ではまた^^



---
ここまで読んで頂き、ありがとうございます!!
ブログランキングに参加しています!
下のボタンをクリックして応援して頂けると嬉しいです^^
お手数ですが、よろしくお願いいたします^^

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ ←お手数おかけしますm・・m
 ←こちらもお願いいたしますm・・m

---
~お知らせ~

4月より、お菓子教室を始めることになりました!!
詳細は★こちらの記事をご覧下さい★  よろしくお願いいたします^^

★marimo Facebookページはこちら★

★marimo インスタグラムはこちら★

お仕事のご依頼は、こちらの★ホームページ★にて承っております。

---

★marimo cafeのレシピ一覧★ 

バターケーキ
シフォンケーキ
クッキー、スコーン
マフィン
チーズケーキ
チョコレートのお菓子
ゼリー、ムース、アイスなど冷たいお菓子
デコレーションケーキ、ロールケーキ
タルト、パイ
その他(マドレーヌ、マカロン、クレープなど)

※外部サイトmelikeyへのリンクです
※全てオリジナルレシピにつき、無断転載・転用はお断りいたします


---

★お知らせ★

レシピ本を出版させて頂きました☆

marimo cafeのしあわせスイーツ―大切な人が喜ぶ秘密のレシピ (SOFTBANK MOOK)

電子書籍バージョンは、こちらからどうぞ☆
amazon 
google


モニターブロガーとして、cottaさんの材料でお菓子を作っています。 ↓↓



つぶやきブログはこちらです^^  「marimo cafeな日々
by marimo1016 | 2015-06-12 18:59 | 日記
<< 【レシピ】プルーンシフォンケー... 【まとめ】レシピのリクエスト一覧 >>