<< フランス旅行記(11) (ルー... フランス旅行記(9) (ロワー... >>

フランス旅行記(10) (ロワール地方の古城巡り・3 クロ・リュセ城)

こんにちは^^ 遊びに来ていただき、ありがとうございます♪
宜しければ、フランス旅行記(1) からお楽しみ下さい♪

---

d0098954_19163889.jpg

3つ目のお城は、クロ・リュセ城です。
国王ルイ11世の給仕長であったエチエンヌ・ルルーにより1471年に建設されました。

薔薇色のレンガと石灰岩が使われた上品な佇まいは、15世紀の建築の特徴だそうです。

d0098954_1935817.jpg

1490年にシャルル8世の所有となり、二世紀に渡りフランス国王の居住地、または
夏の間の別荘として使われてきました。

d0098954_1935421.jpg

そんな中、レオナルド・ダ・ヴィンチはフランソワ一世の招きにより
1516年からクロ・リュセ城に居を構えていました。

王の熱烈な賞賛を得たレオナルド・ダ・ヴィンチは、製作費用や生活費を王からもらい
ここで自由に製作活動をしていたそうです。
1519年に亡くなるまで、その最後の三年間を、ここで過ごしたということです。

d0098954_19364539.jpg

レオナルド・ダ・ヴィンチの寝室。
なぜか猫が寝ていました!!

d0098954_19371796.jpg

一同どよめき。

d0098954_19374116.jpg

素敵な窓。

d0098954_19383675.jpg

応接間。兼、レオナルド・ダ・ヴィンチのアトリエだったそう。
「洗礼者ヨハネ」はこの部屋で完成させたそうです。
すごーい!

d0098954_19413763.jpg

レオナルド・ダ・ヴィンチの厨房。
ここで専属の料理人がダヴィンチに料理を作っていたとのこと。

d0098954_1943740.jpg

中庭に出てみました。緑がいっぱいで素敵!

d0098954_19433792.jpg

お城の前に広がる、庭。

d0098954_19444319.jpg

綺麗なグリーンの池が見えました。

d0098954_19451710.jpg

吸い込まれそうな程に美しい。。ずっと見ていられると思いました。

ここは、レオナルド・ダ・ヴィンチの植物園でした。

実はお城の周りは「レオナルド・ダ・ヴィンチパーク」という、広大な森林公園になっていました。
時間が無くて回れなかったのですが、ダヴィンチの発明品の数々が展示されているそうです。

あ~~お散歩したかったな!!


ということで、これにてツアーは修了。
d0098954_202065.jpg

帰り道。

d0098954_19515519.jpg

やっぱりのどかな雰囲気。

d0098954_1955349.jpg

バスの中から。

d0098954_19553222.jpg

アンボワーズ城が見えました。


そうそう、クロ・リュセ城とアンボワーズ城は400メートルしか離れておらず、地下通路で繋がっていて、
フランソワ一世はダ・ヴィンチに会うためにしばしば使っていたそうです。
地下道の入り口を見ましたが、ひんやり、すこし怖い雰囲気がありました。


思いがけず、ダ・ヴィンチの世界を覗くことができたツアーでした!
楽しかったです~~♪


ではパリへ戻ります~~♪



***

★ランキングに参加しています★

一日一回クリックして頂くと、ランキングが上がります^^
marimo cafe いいね♪っていう方は押して頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ  ←お手間をおかけしますm・・m
 ←こちらもお願いしますm・・m


***

★今回の旅の相棒★


ソニー デジタル一眼カメラ α NEX-5Rズームレンズキット ホワイト NEX-5RL/W



空旅Style パリ・近郊の町
by marimo1016 | 2013-05-11 20:01 | 日記 | Comments(0)
<< フランス旅行記(11) (ルー... フランス旅行記(9) (ロワー... >>